ムダ毛の自己処理セット

ムダ毛があれば処理をする。日本の女性の美意識は高く、素晴らしいです。

ですが、この自己処理もなかなか危険。肌にとって様々なリスクがあります。よくある自己処理の手法として、

  • カミソリ
  • 毛抜き

が挙げられますね。

安くて手っとり早いので、女性は当たまえにやっているカミソリや毛抜きなどの自己処理。

これらの自己処理をする事で起こりうる肌トラブルをまとめました。

埋没毛

本来表に出てくるはずだった毛が、皮膚の下で埋まってしまっている状態です。カミソリや毛抜きで自己処理をしたことにより皮膚が傷つき、毛穴を覆ってしまいます。

解決策
スクラブなどで優しくマッサージ。角質を落とすことで毛が出てきます。

毛嚢炎

自己処理で肌が傷ついた事によって、毛穴にブドウ球菌が侵入し、膿をもち見た目はニキビのようです。別名「カミソリ負け」。

解決策
患部をできるだけ清潔に保ちましょう。汗をかいたらシャワーを浴びて着替えてください。基本的に自然に治りますが、症状が酷い、悪化が心配な人は皮膚科を受診しましょう。

黒ずみ

皮膚が傷ついた事により、体の免疫機能が皮膚を守ろうとしてメラニン色素を分泌します。その結果、剃った部分が黒ずみを起こしてしまうのです。ワキなどによく見られます。

解決策
一度黒ずみができた所は元には自然に元に戻る事は難しいです。エステなどのフォトフェイシャルで改善する事ができます。

サングラスの女性が驚く

このように、イヤな皮膚トラブル起こしてしまうのが自己処理。これらは色素沈着などを起こしてしまう事もあります。このような自己処理は、できるだけしない方が肌のため。回避するにはやはり脱毛をすることがオススメ。できるだけ自己処理を必要としない肌を目指しましょう。